監査前の使用評価

データベンダーと取引所は、正式な監査と使用状況評価を通じて、クライアントによる使用状況をますます監視しています。クライアントには、監査前のデータ使用評価プログラムを通じてこのリスクプロファイルを完全に評価することをお勧めします。ベンダーと取引所の監査の実行に費やされたリソースを活用するカスタマイズされたプログラムは、クライアントが使用とレポートのリスクが存在する場所を特定するのに役立ちます。

 

最初に、クライアントに最大のリスクをもたらすデータベンダーと取引所をターゲットにします。次に、詳細な評価を提供するために、今日の主要な取引所とベンダーが採用しているベストプラクティスと同様の使用法と契約上の義務を深く見直します。

 

この評価では、報告と宣言の要件の遵守、派生データの使用、およびベンダーコンテンツの今後の配布に関連する権利も考慮します。

 

この評価が完了すると、投資データライセンスアドバイザーは、その経験を活用して、さまざまなデータベンダーを開発し、交渉戦略を交換してクライアントに助言し、緩和活動に関連するコストを最小限に抑えます。

 

                                                                詳細についてはお問い合わせください

© 2019 Investment Data Licensing Advisors, LLC. All Rights Reserved.