データライセンスのリスク軽減

クライアントは、サードパーティの投資データをますます洗練された方法で利用し続け、多くの場合、データベンダーの契約上の制限を超えています。同様に、データベンダーや取引所は、収益機会を拡大するために、使用制限を継続的に進化させています。これらの2つの主要な課題は、厳密なデータ使用リスク軽減プログラムの実装を必要とします。チェックしないままにしておくと、サードパーティデータのライセンスを取得している組織は、コストは抑えられているものの、データ使用プロファイルによって会社が財務、運用、評判に大きなリスクを負う可能性があることをすぐに発見できます。これらのリスクは、多くの場合、かなりの決済コストを伴うベンダー監査につながります。

最初に、クライアントに最大のリスクをもたらすデータベンダーと取引所をターゲットにします。次に、客観的な評価を提供するために、今日の主要な取引所とベンダーが採用している監査のベストプラクティスと同様に、使用法と契約上の義務を詳細に確認します。この評価では、報告と宣言の要件の遵守、派生データの使用、およびベンダーコンテンツの今後の配布に関連する権利も考慮します。この評価が完了すると、投資データライセンスアドバイザーは、その経験を活用し、追加のデータコストを最小限に抑えながら、データライセンスのリスクを軽減するための効果的な交渉戦略をクライアントにアドバイスします。

 

 

詳細についてはお問い合わせください

© 2019 Investment Data Licensing Advisors, LLC. All Rights Reserved.